本町駅(御堂筋線)徒歩3分!ストレス、苦しみ、心の病? カウンセリングも医師院長が行います(保険完全適用)

 

  開院:10:00 ~19:00
 予約制
 休診:日・月・金・祝日

 



 

adhd.co.jp
HOME»  18 認知行動療法~~現在進行形としての~~

18 認知行動療法~~現在進行形としての~~

 

CBTの創始者に宛てて以下のメールを送らせていただいています。    


A Xmas letter to Dr. Aaron T. Beck
Dear Sir,
I am Kyoto Uni Grad Shrink, Akio Samejima M.D.
I began health insurance CBT recently at my Osaka Office.
Mainly Dr. Yutaka Ohno has warmly continued to coach me through
the Ministry of Health, Labour and Welfare course Japan.
CBT is lately, but surely admitted psychotherapy by the establishment,
I think.
Of course I’ve read your “Cognitive Therapy of Depression”,
“Cognitive Therapy and the emotional disorders”, and was deeply moved.
The style is the person, they say.
Your books are deeply tasty, though not sharp.
Warm, frank, simple and honest personality ― I feel from you.
Your music of psychotherapy is Antonin Dvorzak, if you allow me to nickname you.
Please keep standing by people at the bottom of the ladder on their way of life.
 
I wish you all a Happy New Year.
2016.12.20

Sincerely yours,
Akio Samejima M.D.  鮫島 章郎
Samejima Heartwarming Clinic, Osaka, JAPAN
〒541-0053
info*kokoro-cl.jp
  鮫島こころクリニック
              
                     *

◇ Which is more healthy, "pleasure"or "mastery"?

  建設的な質問だとうぬぼれていますが、大野裕 Yutaka Ohno先生に「達成感のある行動と
楽しみのある行動の内でどちらが健常度が高いですか」とお尋ねした時、「慶応病院での経
験では、うつ病の人は達成感のある行動課題からまず始めたがります」とおっしゃいました。
 「まじめな人が多いですね」との咄嗟の私の返しが適切かどうか分かりませんが、an-
hedonia という言葉もあり、喜びを喜びとして感じ得ることは healthy です。

 cf. The typical depression patient didn't act on what she "wanted" to do rather than
what she"should" do. (Aaron T.Beck et al. "Cognitive therapy of depression"
6. Session by session treatment: a typical course of therapy. p113) (2017.7.21) 

                            *

認知療法の創始者ベックへの最新メールtextを公開します(送信済み)。

                      *

Dear Prof. Aaron Temkin Beck,
 
Now you are 96 years old. Congratulations!
I’m Kyoto Uni. grad shrink, Director of Samejima Heartwarming Clinic (Osaka, JAPAN), reading your books repeatedly and once have written a letter to you.
 
You wrote in your case history; she didn’t act on what she “wanted” to do rather than what she “should” do (Cognitive therapy of depression, chapter 6, p113).
 
This sentence reminded me of a Q&A between Prof. Yutaka Ohno and me the other day. Once I asked him, “In general roughly speaking, which behavior is more healthy, pleasure or mastery?
 
Then he replied, “In our experience in Keio Hospital, depression patients tend to choose
mastery behavior plan first in the course of behavior therapy.”
 
I thanked him by answering, ”Serious persons like your hospital, don’t they?”
 
Looking the term anhedonia(loss of pleasure) as a depression symptom, to feel pleasure as pleasure is a healthy thing.
 
Cognitive Behavior Therapy has become very famous, but true therapist is few.
I will be a health insurance-Beck Therapist tomorrow reading your books as Bible.
Be active and live a long life for the future, Prof. Beck!
 
July 25, 2017
                                                Sincerely,  Akio Samejima, M.D.
                                                JAPAN,  info@kokoro-cl.jp

◇ About annihilation of the automatic thoght   

  常識的で思慮深くクールな人は、自動思考のキャンセル、《物》annihilation が起こるため、思い入れ修正の自己練習の必要性がなく、釈迦に説法で、「知れどもできず」になる。 そこに認知療法自習の難しさがある。

◇ 第一世代CT(AT.Beck)と第二世代CT(JE.Young & JS.Beck)の違い

  「私の事例はどこに消えたのだろう?」とAT.Beckがいぶかっているように(2005)、第一世代の認知療法は
過去のものとなりました(アーロンの二冊を三回ずつ私は読みましたが)。

 薬と心理療法の質的・量的拡大が、簡単な事例をさばけるようになったからでしょう。

 第二世代の認知療法は厄介です。困難なうつ病、パーソナリティー症などにチャレンジ範囲を拡げ、精神科医が片手間でできるものではなくなりつつあります。
 JE.Young始め科学との格闘の淡いドストエフスキー好きの心理学系の野心家が、我流の多様な術を矢継ぎ早に編み出し、患者の疾病も多様化し、経済的にも、米国の象牙の塔の大学が主な担い手とならなければ、引き合わなくなっています。

 アーロンの訓練を知らないCBTセラピストたちが、力余ってカラ足を踏む、的を射ないタタラを踏んでいます。
一元的でなくなった認知療法の実効の統計的裏づけも希薄になりつつあります。
 独自で新しくなければならぬと、理屈好きの認知行動療法研究者たちは強迫的に、早漬け浅漬け一夜漬けの論文を山積みにしています。 何に対する革新かも輪郭がアイマイになっています。

 このようにして、アーロンの影を引きつつ、認知行動療法は名前のみ高く、その実、誰がしてるのセラピーになっている現状です。

 A.Beck は Freud の無意識を追って、James Joyce, Yasunari Kawabata  のStream of conciousness,Interior monologue に出たと見ます。