本町駅(御堂筋線)徒歩1分!ストレス、苦しみ、心の病? カウンセリングも京大卒医師が自ら行います(保険完全適用)

 

  開院:11:00 (10:00)~19:00
 予約制
 休診:日・月・祝日

 



 

adhd.co.jp
HOME»  岩なだれの記憶――フォルムを巡る彷徨   青空阿季雄   

    岩なだれの記憶――フォルムを巡る彷徨   青空阿季雄 

 

   
  金属の腕をもて登る岩の肌の真東をすすりなきゆくコロナ  阿季雄

 岩のたたずまいは静かに動いた。思いがけずせかせかと隠れてゆく突起もあれば、また蔭の方からゆるり
とあらわれて来る穹隆もある。
 この岩場には人の手が入っているのに相違なかった。 ホールドと足場の大盤振舞。 自然はこんなにも多く
の凹凸を用意して人を迎えるものではない。 腹を柔軟にして貼り付いてゆこう。 体が手懸りと足場を読み解
いてゆくだろう。
 のろのろと靴を持ち上げ足場を探り左足を固定する。 左手のホールドに右手をやって左側方に体を開き、
新たに得た左手の手懸りに頼って一気に身を上方に押し上げる・・・。
 実際それは一種の解読作業であった。 足場の探り、ホールドの持ち換え、身の屈伸、果ては巌に対面す
るか、背を向けるかにいたるまで。
 チムニーやレッヂ、岩の織り成す様々な配置に身を委ね、柔軟にそして慎重に、それだけを心に置いて、
てんでに四肢を動かしていた。 するとおのずと、現れて来る岩の状態に対してこちらの取るべき姿勢はぴた
りと定まり、そうして得た確保の姿勢から、次の一歩へと、思うさま体を伸ばしてゆくことができる。
 こうして一歩一歩私のたどってゆくものがルートというものに相違なかった。しかもそれは痩せ細った岩稜
や切れ立った前衛峰ジャンダルムのふところを縫って、かすかに、だが紛れもない一筋の細糸と刻まれてそこ
にあった。
 その場その場では覚束ない試行錯誤に過ぎぬものが、岩と岩の立体配座を一筋に貫く、乾いたルートと
して彫り込まれ刻み出されてそこに伸びている・・・。
 試行錯誤の中からこのルートを辿り直す人間は、最初にここを切り拓いた男の体が取った姿勢と別の姿
勢を取るわけではない。かの男が恣ホシイママにした眺望パノラマと別の光景を目にする訳ではない。・・・・・・
 この体験は詩定型について人の繰り返す閲歴となんと親チカしい関係にあることだろう!

  この世が俺たちの見開いた四つの眼にとって、たった一つの黒い森となる時に、二人のおとなしい子供
にとって、一つの浜辺となる時に、