本町駅(御堂筋線)徒歩1分!ストレス、苦しみ、心の病? カウンセリングも医師が行います(保険 完全適用)。

 

  開院:11:00 (11:45)~19:00
 予約制
 休診:月・日・祝日

 



 

adhd.co.jp
HOME»  読経療法(うつ・心身症・認知症予防のために)  【Sutra-Chanting Therapy】»  4.読経療法の4段階――[要注意項目付き]

4.読経療法の4段階――[要注意項目付き]

私の考える読経療法は、読経を伝授する、他では得られない(有り難い)機会を設け、お釈迦様の教えにそって、悩める孤独な現代の老若男女に広く心の癒しをもたらし、また認知症を予防するために継続的な読経を中心とした心の通い合うあたたかい集いを持つことを目的とし、四つの効果ないし段階を備えています。

①子守唄効果 ②カラオケ効果 ③納得の段階 ④帰依(きえ)の段階がそれで、以下に順を追って説明していきます。具体的には、古くから人々に広く親しまれてきた『般若心経』、『正信偈』、『観音経』、『阿弥陀経』、『法華経寿量品』などの読経を聞き、やがてはみずからもそれを皆と一緒に唱えることからスタートします。

 ◆ 【警 告】 市民学習(区民)センター ・カルチャー倶楽部で、読経の学習を材料にして、お年寄りにデイケア・老人ホーム・保育園の利用・入居を勧誘し、利益を上げる大阪の 読経会代表 には十分ご用心ください! 

 

多忙のため、小生は読経の練習は、近所のお寺に時々通っています。月1回の定例(じょうれい)法話を開くほどのお寺なら信用できます。ただ、お年寄りが多いため、お坊様たちの法話の内容が極楽往生に偏っている所は少し不本意ですが......。